開所式当時


私たちワークショップ・かたつむりは、当時としてはあまり例の無い、“パソコンを使って仕事をしていく”作業所として、平成9年4月14日に生まれました。しかも、この作業所では「障害にかかわらず、通所生一人ひとりが主体であり、何事においても自身の考えを尊重する」をモットーとしているのが、最大の特長です。当初は、作業品目として名刺・ホームページ作成、データ入力が主でした。これらについては現在もなお、主要な品目として続いております。ほかにもアイロンプリントTシャツ作成やビーズ・アクセサリー作りも手掛けるようになり、より「かたつむり独自」の色を出していきました。それらの製品は、行事やイベントに参加しそこで積極的にアピールし販売活動を繰り広げていきました。
 そして、平成14年10月。新たに「社会福祉法人かたつむり会 ワークショップ・かたつむり」として再スタートを切りました。

設立パーティーの様子(H14.10.4)
京王プラザホテルにおいて

現在では職員も合わせ20数名(平成9年当時の約4倍!)の大所帯にまでなりました。これまでの経験を踏まえ、「一歩一歩着実に新たなことにチャレンジ」(これは第2のモットー!)していきたいと思います。

このホームページもこれからどんどん更新していきます、見に来てくださいね。
よろしくお願いします。